Pocket
LINEで送る

Macお宝鑑定団BlogがiPhone 2021/5.5 inchとされる、新しい3Dプリントモックを入手

2021年に発売されるであろうiPhone13は、USB-C端子を搭載し、ノッチを廃止した完全なベゼルレスデザインを採用する可能性がある。

Macお宝鑑定団Blogが2021年に発売される「iPhone 5.5インチ」とされる3Dプリントモックアップを入手し、その写真や動画を公開しています。

ノッチレスに

Macお宝鑑定団Blogによると、2021年の新型iPhoneは

TrueDepthカメラ用のセンサーハウジング(ノッチ)が廃止され、完全なベゼルレス・デザインになる模様。

画面上部に、FaceTimeカメラの位置を示すマーカーが打たれておりカメラを画面内に内蔵する仕様に変更されるかもしれない。

今年発売される5.4インチモデルのiPhoneと筐体サイズは同じとのことで、筐体サイズを変更すること無く画面サイズが大きくなるようです。

また、さらにベゼル幅を狭めるためにSuper Retina XDRディスプレイよりも進化した新しいディスプレイが採用される可能性があると報告しています。

USB-Cを搭載?

2021年に発売される新型iPhoneはLightningではなく、USB-C端子が搭載される可能性があるようです。

こちらはあくまで開発用のために採用されている可能性があるため何とも言えないところですが、最終仕様としてUSB-C端子が採用される可能性もあるとMacお宝鑑定団Blogは伝えています。

なお、Apple情報 に詳しいJon Prosser氏は「iPhone 13」はUSB-Cを搭載せずにポートを廃止する予測を立ています。

Pocket
LINEで送る