Pocket
LINEで送る

Switch blog 10001

Apple HomePod

今年の7月に今夏発売とAppleから発表されたっきり情報が無かったApple製のスマートスピーカー「HomePod」

Switch blog 10001

Apple公式から日本向けの使い方の動画も公開された事から間も無く登場かと思われてましたがようやく8月23日発売の発表がありました。

価格は32,800円(税別)となります。サイズは高さ172mm、幅142mm、重量2.5kgでカラーがホワイトとスペースグレイの2色展開となってます。

スマートスピーカーはApple以外にもすでに、Amazon echo、Google Home、CloveとありますのがAppleのHomePodで出来る事を見て行きましょう!

ざっくりと並べるとこんな感じだと思います。

  • siriによる操作(楽曲の再生、メッセージを送る、天気の確認 etc…)
  • 空間認識(部屋を自動的に感知し最適なサウンドを流す機能)
  • スマートホームに対応



Siriによる音楽操作

Switch blog 10001

HomePodから音楽を再生する方法には2通りありApple Musicの音楽をSiriで直接再生する方法とMacやios端末からHomePodを直接選択する方法がある。他にもApple Musicのような定額制の音楽配信サービスがありますが残念ですが現時点で調べたところ対応していない様で、そもそもSiriがApple Music以外のサービスに対応していないからです。

ただし、今年に入ってからThe Informationの情報によるとAppleとSpotifyがSiriを利用しての楽曲、プレイリスト、アルバムの再生について協議しているらしく

Spotifyユーザーも多い事から「ヘイSiri、○○をSpotifyでかけて」が実現する可能性があるかもしれない。

音楽を再生するだけではなく勿論Mac、iPhoneなどの他のApple製品と同じ様にSiriを使って電話をかける、メッセージを送信する、天気の確認などその他、複数の事を行う事も可能です。

空間認識機能

HomePodは部屋に設置すると周囲に音を飛ばし音の反響から「どこに壁があるのか」を把握し
音質を完全に自動でチューニングを行い、HomePodを設置する度に行われチューニングが行われ、部屋のどこに居ても同じ様に最も最適な音楽をユーザーに出力する事が出来る。この点こそ他社製のスマートスピーカーには無い機能だ。

Switch blog 10001

また、「Apple Digital Masters」と言う仕組みを使いApple Musicを音質を最大限に活かせる様に設計されており
他社のスマートスピーカーの音質に比べても圧倒的に違いを感じられるとしています。

スマートホームに対応

Switch blog 10001

もちろんHomePodもSiriを操作し「Hey Siri、照明をつけて」「Hey Siri、部屋の温度を下げて」などスマートホームをSiriで操作する事が出来る。ここでは詳しくは語らないが
HomeKit対応アクセサリに関してはこちらを参考にどうぞ!

まとめ

細かなスペックなどの詳細は割合させて頂きますが値段に関しては決してすぐに手が出る様な物ではないが

ただやはりApple製品な事もあり連携や使い勝手など魅力的な部分も多い事は間違いない。

それとSiriを使った音声操作はHomePodに限ったものではなく、iPhone単体でもできるが、外出先で音声操作をする人がどれだけいるだろうか。気兼ねなく話せる自宅の方が、Siriとの会話ははかどる。HomePodが自宅での音楽体験を変えてくれることは間違いないのかもしれない。

Pocket
LINEで送る