Pocket
LINEで送る

Apple Watch6 デザイン/スペック/発売日など最新情報

Apple WatchはSeries 4とSeries 5で常時表示機能が追加されるなど毎年着々と完成度が高まっていますが

バッテリー持ちの改善などまだまだ改善してほしい点があります。

2020年に発売が期待されるApple Watch Series6の現時点での最新情報をまとめてみましたので参考にどうぞ!

デザイン

残念ながらまだApple Watch Series6のデザインについては正確な情報がまだありませんが参考程度にコンセプト画像があるので載せておきます。

ベゼルレスデザイン

ConceptsiPhoneが作成したApple Watch Series 6のコンセプトデザイン。

Series 4、Series 5のサイズを維持しながら表示領域を拡大するために、さらにディスプレイのベゼルを無くした仕様になっています。

ラウンドケースを採用した、丸型のデザイン

#iOS beta newsが作成したApple Watch Series 6のコンセプトデザイン。丸いラウンドケースが採用されていること以外にスペックなどの情報は公開していません。

こちらのデザインに関してですが、Apple Watch Series 6には、JDI製ディスプレイが継続採用される可能性が高いことが報じられていることから可能性としてはかなり低そうです。

ただしAppleは2016年にウェアラブル端末向けの円形ディスプレイの特許を申請している事から将来的に採用される可能性もあるかもしれません。

初代Apple WatchのデザインはApple Watch 3まで3世代同じデザインでしたがSeries6も同じデザインを採用する可能性は高いかも?

プロセッサ

Apple Watch Series4からSeries5ではプロセッサ性能にほとんど違いがなく、変更点としては「コンパスの対応」「ストレージ容量が16GB から32GB」に変更となっています。

パフォーマンスの向上が行われていないことから

Series6ではパフォーマンスの向上が期待されており

プロセッサとしておそらく「S6チップ」が搭載されるでしょう。

ディスプレイ

Apple Watch Series 5で「LTPO OLED パネル」を採用し常時表示に対応したApple Watchですが、Apple Watch Series6

ではMicroLEDを搭載する可能性があるようです。

Touch ID

UpdateとThe Verifierによると、Apple Watch Series6ではTouch IDに対応する可能性があると言う。

デジタルクラウン方式のTouch ID

Touch IDの認証方式は2つのパターンがあり一つ目はデジタルクラウンに内蔵する方式

イメージセンサーをデジタルクラウン内に内蔵することによって指をセンサーに押し当てることによって認証が可能になるようです。

ディスプレイ内蔵のTouch ID

2つ目はディスプレイ内蔵型のTouch IDになります。

特許の内容はApple Watchのアンテナ(Wi-Fi、セルラー、Bluetoothを含める)をバンド内に移動させ、他のパーツやより多くのバッテリー容量を埋め込むという内容でApple WatchのディスプレイはTouch IDをサポートする内容が書かれています。

Appleは2つの方式の特許を申請していることから搭載の可能性は高そうです。

耐水性能

Apple Watchは Series2から耐水性能が採用され、Series3以降のモデルは水深約50メートルの耐水性を持っています。

Series6では耐水性能が強化されるとの噂があり、さらに耐水性能が強化されるかも?

負担の掛かるスキューバーダイビングや水上スキーなどのウォータースポーツでも活躍するようになるかもしれません。

5G通信

時期iPhoneは5Gの対応が確実視されていますが、Apple Watchも同様に5G通信に対応する可能性があるようです。

こちらに関して5G通信の対応に間に合わないとの見方もあり何とも言えませんが、Wi-Fi通信や4G通信での性能向上は確実にあるでしょう。

健康管理機能

Apple Watchではランニング、水泳、ヨガなどの様々なワークアウトに対応し、心拍数、徒歩数などの運動の記録をすることができますが、 Series6ではさらなる健康機能の強化が噂されています。

ECG心電図

ECG(心電図)機能は Series4で実装されましたが日本では

医療機器として認可が必要な機能であり、未だに心電図機能を使うことができません。

医薬品や医療機器などの審査関連業務を行うPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)が認定・登録外国製造業者リスト」(令和2年6月1日現在)を更新し、その中にAppleが含まれていたことが分かっているため近いうちに同機能が日本でも実装される可能性があるかもしれません。

睡眠トラッキング

Series6ではApple Watchを装着したまま睡眠時の記録ができるようになるかもしれません。

Series 5での搭載の噂があった睡眠トラッキング機能は

睡眠時の心拍数、寝ている時の動きなどを計測し健康状態の管理を行うことによって体の異常を早期に発見することが出来るようになるかもしれません。

2017年に睡眠計測アプリのBedditを買収しているので睡眠トラッキングの実装は近い?

血糖値測定

SpO2(血中酸素飽和度)による血糖値の計測ができるようになる可能性がある。

血糖値とは血管を流れる血液中のグルコース濃度のことで、血糖値とグルコース値の間には高い相関関係があることが確認されています。

糖尿病患者の数は年々増加傾向にありApple Watchのように手首に付けるだけで採血をしなくても血糖値の計測が可能な非穿刺型血糖値測定装置の登場が期待されています。

発売日

Apple Watchは新型iPhoneの発売日に合わせて発売されていることからiPhone12と同時期に発売される可能性が高いでしょう。

Apple Watch 歴代モデルの発売日

  • Apple Watch:2015年4月24日
  • Apple Watch 1・2:2016年9月16日
  • Apple Watch 3:2017年9月22日
  • Apple Watch 4:2018年9月21日
  • Apple Watch 5:2019年9月20日

iPhone 12/12 Proは例年通りであれば2020年9月に発売されるの可能性が高いので

Apple Watch Series6も同じ時期の発売となり2020年9月18日が濃厚?

Pocket
LINEで送る