Pocket
LINEで送る

Mac、Intel製チップから自社製のARM製チップへ移行へ

米メディアBloombergによるとAppleは6月22日に開催する「WWDC2020」にてMacへのARMベースチップ搭載計画および搭載チップを発表する可能性があることが分かりました。

ARMベースMacは2021年に発売される

BloombergはARMベースのMacについて2021年に製品化されると予想しており発表から発売までの期間が開く理由は、開発者に対して移行するための作業時間を提供するためとみられています。

ARMベースのプロセッサへ移行するメリット

AppleがIntelチップからARMベースのプロセッサを開発しているのにはいくつかの理由があるとみられている。

これまでIntel製のプロセッサを製品スケジュールに合わせて Macを発表していましたが、自社製プロセッサを搭載することで新製品の発表をApple自身がコントロールすることが可能になります。

またIntelはこれまで新型プロセッサの発表を度々遅延しいることから、Intelの製品スケジュールに左右されることなく Macを開発することが出来るようになるとみられています。

さらにプロセッサを独自開発することでコストを圧縮し

グラフィック性能およびAIを使用するアプリのパフォーマンス向上が見られるという。また電力効率にも優れ、現行製品と比べて筐体が薄型化および軽量化する可能性があると

Bloombergは報じています。

Apple初のARM Macは12インチ?

Bloombergが予想しているApple初のARM搭載 Macのスペックを予想しており、iPhone 12に搭載予定のA14チップをベースにした3つのMac用プロセッサを開発中で、このプロセッサが2021年に登場するARMベースMacに搭載される見込のようです。

同プロセッサは5nmプロセスが採用されており、8つの高性能コアと少なくとも4つの省電力コアの合計12コアが搭載され、製造はTSMCが行うとみられている。

Pocket
LINEで送る