Pocket
LINEで送る

新型iPad Pro、プロセッサの大幅な変更点は無しでカメラ機能の追加のみ

Switch blog 10001

Appleは3月18日に新型「iPad Pro」を発表しました。基本的には2018年モデルからのマイナーアップデートとなっており、変更点としては「A12Z Bionic」「超広角カメラ」「LiDARスキャナ」「Wi-Fi6」を搭載しました。

同時に発表された今年5月に発売予定となるiPad Pro専用の宙に浮くMagic Keyboardですが、個人的な感想としてMagic Keyboardの方がみんな気になっているんでは無いでしょうか?

2020年のiPad Pro 11インチ(第2世代)、12.9インチ(第4世代)のスペックの違いを比較していきたいと思います。

目次

  • 発売日
  • 価格
  • デザインとサイズ
  • カメラ
  • プロセッサ/メモリ
  • Wi-Fi6に対応
  • 新しいMagic Keyboardに対応

発売日

docomo/au/SoftBankの各キャリアからもiPad取扱店および公式オンラインショップにて3月20日より予約を開始しており、Appleでは2020年3月25日(水)、ドコモ/au/ソフトバンクでは2020年3月27日(金)発売予定となっています。

Apple

  • 2020年3月18日(水)予約開始
  • 2020年3月25日(水)発売日

docomo/au/SoftBank

  • 2020年3月20日(金)予約開始
  • 2020年3月27日(金)発売日

Appleと各キャリアで発売日が異なりますので発売日当日にゲットしたい方はApple公式サイトから予約しましょう!

価格

Switch blog 10001

2020年新型iPad Proは、11インチ128GBが84,800円~、12インチ128GBが104,800円となっており、

2018年発売のiPad Proの最低価格が89,800円と111,800円からの販売でしたが、新型iPad Proは最低ストレージが64GBから128GBに変更になり価格も5,000円の値下げになってます。

iPad Pro 11インチ価格

iPad Pro11(第2世代) iPad Pro11
64GB 89,800円
128GB 84,800円
256GB 95,800円 106,800円
512GB 117,800円 128,800円
1TB 139,800円 172,800円

iPad Pro 12.9インチ価格

iPad Pro12.9(第4世代) iPad Pro12.9(第3世代)
64GB 111,800円
128GB 104,800円
256GB 115,800円 128,800円
512GB 137,800円 150,800円
1TB 159,800円 194,800円

デザインとサイズ

Switch blog 10001

2018年モデルでホームボタンを廃止しベゼルレスデザインへとフルモデルチェンジを行なっており、今回の新型iPad(2020)モデルも引き続き同じデザインが採用されています。
変更点としてはカメラユニットのデザインの変更と本体の重量が増した形となります。

iPad Pro11 iPad Pro11(第2世代) iPad Pro12.9(第3世代) iPad Pro12.9(第4世代)
サイズ 247.6 × 178.5 × 5.9mm 変更無し 280.6 × 214.9 × 5.9mm 変更無し
重量 468g 471g 631g 641g

カメラ

Switch blog 10001

新型iPad Proには新たにデュアルカメラ(超広角/超広角)を搭載しています。またLiDARスキャナと呼ばれるた光から物体までの距離を計測が可能になりARなどの分野での活用が期待されます。

LiDARスキャナとは?

Switch blog 10001

Appleによると

LiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定を行い
距離を割り出す事が可能でNASAが次の火星着陸ミッションで使用する先進的な技術です。

今後のARアプリの登場に期待と言った所ですね!

プロセッサ/メモリ

Switch blog 10001

新型iPad Proに搭載されるプロセッサはA12XをベースとしたA12Z Bionicが搭載されます。

2018年モデルで搭載された、A12X BionicからGPU性能の強化がされていますが、マイナーアップデートとなっており、A12Z BionicはA12X Bionicから1コア増え8コアになっているものの性能に大きな差はないようです。

MacRumorsから一部ユーザーからのベンチマークが届いたとしておりGeekBenchのベンチマークを公開しています。

Switch blog 10001

メモリ

2018年のiPad Proでは1TBモデルの6GBを除いて全モデル4GBとなっていましたが新型のiPad Proは全モデル6GBのメモリを搭載しています。

Wi-Fi6に対応

新型iPad Proは5G通信の対応が噂されいましたが、引き続き4GLTE通信となっていますがWi-Fi6(802.11ax)に対応しました。

新しいMagic Keyboardに対応

Switch blog 10001

新型iPad Proと同時にiPad Pro用のMagic Keyboardを発表しました。従来のSmart Keyboard Folioとは違い、track padを搭載しMacBookのように操作する事が可能になるようです。

また、MacBook Pro16で搭載されたシザー式のMagic Keyboardを採用しています。

Switch blog 10001

充電専用のUSB-Cポートが搭載され、同時に「iPad Pro」のUSB-Cポートを利用することで充電しながら周辺機器への接続が可能。

フローティングカンチレバー機構を採用しiPad Pro本体をキーボードから浮かせた状態になる、。従来は2段階に限定されていた角度を自由に調整可能です。

Pocket
LINEで送る